カルバトールの使用の前にすること

てんかんという病気があります。簡単に言うと、脳に障害があり発作を起こしてしまう状態です。脳に電気的な刺激が加わることで、体に変調が起きてしまうのです。脳の病気ですが、手術を要するようなことは滅多にありません。しかし、内服薬で治療をする必要があります。利用される代表的な薬はカルバトールです。このカルバトールを服用する場合には、事前に必ず医師の診察を受けることが必要です。通販などで販売しているケースもありますが、自分の勝手な判断で服用すべきではありません。飲むタイミングや量などもしっかり守らなければ、脳に効く薬という意味でとても危険なのです。カルバトールはてんかんのみでなく、うつ状態の人が服用して気分を落ち着かせる働きもあります。この薬はジェネリック薬品ですので、価格はそれほど高くはありません。てんかんの状態がひどく頻繁に発作が起きるような人は、この薬を利用することをお勧めしますが、ストレスによるうつ状態の場合には、服用する前にまずストレスを発散することを考えるべきです。仕事が忙しく過労の状態にある人は、ストレスチェックなどを受けて産業医の指示に従い、できる限り仕事を休める環境を作ったり、ストレスの原因にもなる日常の食生活を改めることや、過度の飲酒や喫煙をなくすようにしたほうがよろしいです。カルバトールは脳に刺激を与える薬です。万が一副作用が起きますと、重篤な体調悪化につながる可能性もあります。ですから、必ず医師に診断をしてもらい薬剤師に適切な服用の仕方を教えてもらわなければなりません。また、脳の障害や精神をおだやかにする薬ですので、服用しますと眠気を伴うこともあります。カルバトールを服用する際には適切な診断を受け、適切な服用をするということを覚えておいてください。

ページの先頭へ戻る