睡眠不足での発作にはカルバトール、基準量とは

手足が突然けいれんする、手足が突っ張るなどの症状が頻繁に起こる人は、てんかんという病気にかかっている可能性があります。てんかんは脳の病気の一種であり、体がけいれんしたり突っ張ったりする発作が症状として出ます。てんかんは発作が起こる原因には、特異性発作誘発因子と非特異性の発作誘因の2つの要因が関係しています。特異性発作誘発因子はてんかんの人に特有で作用する要因であり、光の点滅、物音、緊張感などの外部の刺激や精神的なもので起こりやすくなります。非特異性の発作誘因は稀にてんかんの発作を起こす可能性のある要因であり、過労、ストレス、睡眠不足などの精神的・肉体的疲労がたまることで起こりやすくなります。非特異性の発作誘因の中で、特に睡眠不足は発作を起こす恐れが高いです。睡眠は脳を回復させる役目があるので、睡眠不足の状態は脳の病気であるてんかんを進行させる場合もあります。

てんかんの発作が出ないようにするには、薬の服用が効果的です。経済的負担が軽く品質性が良い点では、てんかんを抑える薬の中でカルバトールをおすすめします。カルバトールは薬価の安いジェネリック医療薬品であり、脳の神経が興奮しないよう抑える効果があるのでてんかんの発作の予防にもなります。てんかんの発作は脳内の神経の過剰な動きで起こるので、それをカルバトールで鎮めることで発作が出にくくなるのです。カルバトールは300~400ミリグラムの容量で錠剤が売られていますが、服用時には量についての注意が必要となります。この薬の基準量として、成人では1日あたり200~400ミリグラムとされています。1回分の容量としては、錠剤の量は多めです。飲む際は服用の回数を1日1回とするか、1錠を半分にして2回に分けて飲むかにしましょう。

ページの先頭へ戻る