腹部の痛みや自律神経の乱れによる症状とカルバトール

ストレス社会の日本では、ストレスにより自律神経の働きが乱れてしまい、様々な症状で悩んでいる人が多いです。
自律神経は、呼吸器、循環器、消化器などの働きを調整するために、1日24時間ずっと働き続けている神経です。
人間には、昼間に活発になる交感神経と、夜になると活発になる副交感神経がありますが、自律神経が乱れてしまうと、交感神経と副交感神経のバランスも損なわれてしまうのです。
そして、自律神経の働きが乱れると、体の器官に不調が現れることも多いのです。
ストレスや過労が続くと、吐き気、全身の倦怠感、手足のしびれ、不整脈などの症状が出てきます。
このような症状が出てきた場合、自律神経失調症と診断されることもあります。
また、ストレスによって自律神経のバランスが乱れると、胃酸が過剰に分泌され、腹部が痛くなることもあります。
腹部の痛みを放置していると、重症化することもあるので、気をつける必要があります。
最近は、若い世代で自律神経失調症や躁うつ病にかかる人が増えています。
躁うつ病の薬として注目を集めているのが、カルバトールです。
カルバトールは、抗てんかん薬としても有名です。
カルバトールには鎮静作用があり、気分の高まりを抑えてくれます。
三叉神経の興奮も抑えるため、三叉神経痛の治療にも用いられることがあります。
カルバトールを服用する場合、定期的に血中濃度をチェックして維持量を決めていきます。
最初は、少量から服用を始めて、少しずつ量を増やしていきます。
カルバトールは、ジェネリック医薬品なので、価格にも魅力があります。
ただ、禁忌があるので注意が必要です。
併用禁忌薬も多いので、服用する前は、必ず医師に相談することが大事です。

ページの先頭へ戻る