• 10歳頃のてんかんはカルバトールで予防と障害者認定

    2016年12月3日

    カルバトールはカルバマゼピンを有効成分とするジェネリック医薬品であり、先発品としてテグレトールが知られています。てんかんの薬物治療における初期から用いられている治療薬であり、長い使用の歴史があることで医師から高い信頼性をもって処方されています。特に部分発作に対する有効性の高さから、部分発作をもってい...

    記事の続きを読む